MENU

測り方で3センチは変わる!ペニスのサイズの正しい測定方法とは

測定方法

 

日本人のペニスの大きさの平均値を実際ネットで検索してみると、サイトによってに幅があることに気づくと思います。
私が見たところによると、長さは12〜15センチの間、太さ(直径)3センチ前後くらいのようです。

 

太さにはそんなに差はないようですが、長さには3センチもの幅があります。
3センチって大したことのないように思えますが、実際は人差し指の先から第一関節までと同じ長さです。
たかが3センチ、されど3センチですよね?

 

この平均値の違いはペニスのサイズの測定方法の違いが原因です。

 

そこで、主なペニスのサイズの測定方法をあげてみたいと思います。

 

・「セックスの時に有効な部分を測る方法」

 

コンドームや大人のおもちゃなどのアダルトグッズメーカーが発表するデータはこちらの方法で計測されています。
一般的な測り方と言えます。

 

・勃起した状態で上半身をまっすぐに、顔をあげた状態で立ち、床に対してペニスを水平にする
・定規は軽く根元に当てる(押し付けない)
・ペニスの上側の根元から先端までの長さを測る

 

 

この方法ではセックスの時に有効な、「女性に挿入する」部分の長さを測ることができます。
脂肪に埋もれた部分は計測されないので、太っている方だと、実際よりも短い測定結果になります。

 

 

・「医学的なペニスの長さを測る方法」

 

泌尿器科医による調査で使われる方法です。

 

・勃起した状態で上半身をまっすぐに、顔をあげた状態で立ち、床に対してペニスを水平にする
・恥骨に定規を強く押し付ける
・ペニスの上側の根元から先端までの長さを測る

 

恥骨に定規を押し付けて測定するので、脂肪に埋もれている部分も測定します。
太っている、やせているに関係なく、実際のペニスの長さを測ることができます。

 

 

・「ペニスを引き伸ばして測る簡易的な測定」
平常時のペニスを引っ張ると、勃起した時の長さとほとんど同じになると仮定して測定します。
勃起していなくても手軽に測定できるので、沢山の人数を測定する時に用いられます。

 

-やわらかい状態のペニスを床に対して水平になるように引っ張る
-上側の根元から先端までの長さを測る

 

目的に応じて、恥骨に押し付けるのと押し付けないのと二通り使い分けられます。

 

 

このように測定方法によってペニスの長さは変わります。
もし、自分のペニスのサイズを記録するのであれば、毎回同じ方法を用いるようにすると、正確に記録できると思います。